2005年12月28日

アフリカ系選手とアフリカネーションズカップ



アフリカ系選手が多いフランスリーグで、彼らはどのぐらいチーム貢献しているのか。。。




貢献度をどのようにとらえるかは難しいところがありますが、まず以下のような数値をもとに今季前半戦のアフリカ系選手活躍ぶりを考えてみることにします。

10試合以上出場した選手数、10試合以上先発した選手数、そして各チームの今季の総得点のうちアフリカ国籍の選手が得点した割合を比べてみます。


順位
クラブ
出場
先発
得点
全得点
割合
1
Lyon 1 1
1
/
30
3.3%
2
Lens 5 5
15
/
27
55.6%
3
Bordeaux 1 1
3
/
17
17.6%
4
Auxerre 2 2
2
/
26
7.7%
5
Monaco 1 1
1
/
19
5.3%
6
PSG 2 2
4
/
23
17.4%
7
Marseille 5 4
9
/
21
42.9%
8
Lille 3 3
6
/
26
23.1%
9
Saint-Etienne 5 4
5
/
18
27.8%
10
Rennes 3 2
5
/
21
23.8%
11
Le Mans 2 0
3
/
17
17.6%
12
Nancy 2 1
2
/
20
10.0%
13
Nantes 2 2
6
/
18
33.3%
14
Nice 6 5
9
/
13
69.2%
15
Toulouse 3 2
4
/
18
22.2%
16
Troyes 5 3
4
/
17
23.5%
17
Sochaux 5 4
2
/
12
16.7%
18
Metz 3 2
4
/
11
36.4%
19
Ajaccio 3 3
3
/
10
30.0%
20
Strasbourg 4 3
4
/
10
40.0%


あらためてみてみると、10試合以上出場したアフリカ系の選手がいないチームがひとつもないという、、、当前のような気もしますが、ここまでいくと感心させられます。
ゴールだけでチームへの貢献度を考えるのも無理がありますが、とりあえず攻撃面でのひとつの基準にはなるでしょう。これをみると、予想通りランスの攻撃ではかなりアフリカ系選手の力が大きいようです。その他では、OM、ニース、サンテチエンヌ辺りがアフリカ系選手の攻撃力を活かしているといえるでしょう。
全体的なイメージでいえば、中堅以下のクラブはやはり契約に多くの資金を要さないアフリカ系の若い選手に頼っているといえるのかもしれません。



つぎに攻撃力だけでなく全体的な貢献度をみるために、今季前半戦の各クラブ内でレキップ紙の平均評価の高いアフリカ系選手をまとめてみました。


*データはレキップ紙より。順位=チーム内での平均評価順位

クラブ
順位
選手名 国籍
評価平均
最高
最低
評価試合数
Lyon
3
M.DIARRA マリ
5.77
7.5
4
15
 
Lens
1
D.COUSIN ガボン
5.93
8
3.5
14
3
S.KEITA マリ
5.84
7.5
5
16
6
A.COULIBALY マリ
5.41
6.5
4.5
16
7
B.ASSOU-EKOTTO カメルーン
5.41
7.5
4
16
11
ARUNA コートジボワール
5.21
7
3.5
14
 
Bordeaux
5
M.CHAMAKH モロッコ
5.46
7
4.5
12
 
Auxerre
   
 
Monaco
   
 
PSG
3
B.KALOU コートジボワール
5.81
8.5
4
16
10
M.M'BAMI カメルーン
5.00
6
4
14
 
Marseille
2
M.NIANG セネガル
5.39
6.5
4.5
14
3
H.BEYE セネガル
5.38
6
4.5
12
6
T.TAIWO ナイジェリア
5.17
6
3.5
18
7
W.ORUMA ナイジェリア
5.06
7
3.5
17
 
Lille
1
J.MAKOUN カメルーン
6.06
7.5
5
16
2
T.SYLVA セネガル
5.79
7.5
4
19
 
Saint-Etienne
5
D.ZOKORA コートジボワール
5.69
7
4.5
18
7
P.FEINDOUNO ギニア
5.44
8
4
16
9
F.DIAWARA マリ
5.32
6.5
4
17
10
H.ILUNGA DRコンゴ
5.16
6.5
3.5
19
 
Rennes
2
J.UTAKA ナイジェリア
5.38
7
4
16
9
A.OUADDOU モロッコ
4.91
6.5
3
16
 
Le Mans
   
 
Nancy
4
P.DIAKHATE セネガル
5.53
6.5
3.5
19
 
Nantes
5
E.FAE コートジボワール
5.39
7.5
4
14
8
M.DIALLO マリ
4.89
6.5
3
14
 
Nice
5
B.KONE コートジボワール
5.37
7
3.5
19
6
S.TRAORE マリ
5.33
6.5
3.5
18
8
M.BAGAYOKO マリ
5.14
7
3.5
18
9
B.TCHATO カメルーン
5
5.5
4
14
 
Toulouse
2
A.EMANA カメルーン
5.5
8
3.5
18
 
Troyes
5
I.FAYE セネガル
5.31
8.5
4
13
9
B.KOUASSI コートジボワール
4.85
7
3
17
 
Sochaux
3
R.AFOLABI ナイジェリア
5.33
6.5
4.5
12
5
G.NDAW セネガル
5.15
6.5
3.5
17
6
M.DAGANO ブルキナファソ
4.67
6.5
3.5
15
 
Metz
3
A.OUADAH アルジェリア
5.38
7.5
4.5
13
 
Ajaccio
2
R.SAÏFI アルジェリア
5.33
8
3.5
15
7
D.JABI ギニア
5.21
6
4
19
9
K.DIAWARA ギニア
4.85
6.5
4
13
 
Strasbourg
1
K.HAGGUI チュニジア
5.68
7
4
14
5
R.HOSNI エジプト
5.08
6
4
12
6
A.BOKA コートジボワール
4.96
7.5
2
14


さて、2006年はWCだけでなくアフリカネーションズカップも開催されます。この大会の開催日は1月20日から2月10日と、リーグ戦の開催日と重なっています。

この大会の出場国は以下の通り。

グループA:エジプト、リビア、モロッコ、コートジボワール
グループB:カメルーン、アンゴラ、トーゴ、DRコンゴ
グループC:チュニジア、ザンビア、南アフリカ、ギニア
グループD:ナイジェリア、ガーナ、ジンバブエ、セネガル

上の表で赤字の選手が大会に出場する国の出身です。彼らが代表に選ばれるかどうかはまだわかりませんが、チーム内で評価の高い選手が抜けると、後半戦の戦いにかなりの影響が出るのは明らかでしょう。(第23節から第26節あたり?)
とにかくフランスリーグでは(リーグ1だけでなくリーグ2も)、この大会の影響をかなり受けます。ただ見方によっては、この大会期間中に順位が大きく変動することも考えられ、ここをどう乗り切るのかを見ることも興味のひとつだといえるのかもしれません。


前半戦はOLの独走でした。他のチームは後半戦の巻き返しを図りたいところでしょうが、各チームアフリカネーションズカップで主力選手が抜けることも考えられ、そしてOLに関していえばこの大会で抜ける選手がいないという、これまた独走を許してしまいそうな感じもします。なんとかその抜けたところに、各チーム新しい戦力が現れてくれることを祈ります。。。。

<Jazz_Funk>

posted by Jazz_Funk at 04:03| Comment(2) | TrackBack(1) | Ligue1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします。それにしても、見事なまでに数値化されましたね!頭の中でフランスリーグにおけるアフリカ人選手の依存度については常々気になってはいたんですが、このデータを見るとより明確に見えてきます。Niceがかなり依存度が高かったり。平均評価5〜6の選手をANCにごっそり引き抜かれると・・・ダメージでかいですね。そりゃリーガアン側のクラブが”学級閉鎖”状態になるワケだわ(笑)
Posted by せる at 2006年01月05日 11:03
こちらこそよろしくお願いします。
リーグの中断期間にちょっとがんばってみました。
出場試合が少なくてこの表には現れてきてませんが、ほかにもナンシーのクルピとかいますし。。。
本文でも書いているように、ここで代わりに出ることになるであろう新たな若手の出現に期待したいところです。
レンヌの例でいえば、もしウタカがナイジェリア代表に呼ばれるようなことになったら、フランスU-21代表ブリアンの活躍を期待します。
OLにはセネガル代表にはいっているディアッタもいますが、これまでに8試合しか出場してないし、ほとんど影響がなさそうで、独走態勢に拍車がかかりそうです。
すべての代表メンバーが決まる10日以降に再度各クラブへの影響を改めてみてみたいと思います。
Posted by Jazz_Funk@管理人 at 2006年01月07日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11103953
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

【#24】「初詣」 HP6周年/1月4日に生まれて
Excerpt: 本日を持ちまして、おかげさまで本家サイトがHP開設6周年を迎えました。日頃のアクセス「多謝」でございます。昨年は「5周年記念」という事でしょっぱなから「大徹」の事について書き??
Weblog: Orange Garden Extra
Tracked: 2006-01-05 11:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。