2006年01月03日

FCナントが倒産の危機?


年明け早々、こんなニュースがフランスで報道される。。。




La faillite des Canaris ?(03/01/2006 L'EQUIPE.FR より)

Le Parisien en date du 3 janvier ouvre sa rubrique sport sur une pleine page consacrée au FC Nantes-Atlantique et à ses déboires financiers. Le quotidien affirme ainsi que le club affiche un déficit de plus de 9 millions d'euros au 30 juin dernier et de 16 millions d'euros sur les deux dernières années. Des chiffres non démentis par l'actuel président des Canaris Rudi Roussillon en charge seulement depuis le 28 juin dernier.

Le constat est tel qu'aujourd'hui deux solutions seulement se présentent au groupe Dassault, propriétaire du club nantais : couvrir le dit déficit en mettant sérieusement la main à la poche ou vendre. Selon le président du FCNA, le groupe français va opter pour la première solution. «J'ai produit une lettre d'engagement en ce sens auprès de la DNCG et ce n'est pas une lettre en bois,» confirme-t-il dans les colonnes du Parisien.

Des questions restent en suspens
Ce trou énorme dans les caisses nantaises - qui ne comptent plus que moins de 100 000 euros disponibles - semble pourtant difficile à envisager alors qu'il y a encore six mois, la modique somme de 14 millions d'euros était encore dans les réserves accessibles. Le Parisien toujours explique qu'en fait 9,4 millions sont retournés dans les caisses de la Socpresse. Cette société, repreneuse du club nantais en 2000, avait alors trouvé un club sain... Reste qu'aujourd'hui le FC Nantes-Atlantique est en bien mauvaise posture.



このニュースは日刊紙ル・パリジャンで最初に報道されたもののようだが、その後レキップやラジオでも報道されている。リーグ優勝8回、フランスカップ優勝3回を誇る強豪に何が起こってる??


報道の内容を簡単に解説すると、昨シーズンは900万ユーロの負債を抱え、この2年間だけで1600万ユーロの赤字になっているようで、2005年6月28日にFCナントの会長に就任したばかりのルディ・ルシヨンもこの数字を認めている。そしてこの状況を乗り切るためには新たなお金の出所を見つけるかクラブを売却するしかないとのことだが、現在のところ会長は売却は頭に無く金策に駆け回っているようである。シーズン初めクラブには1400万ユーロの蓄えがあっただけで、シーズンを6ヶ月残したいまでは10万ユーロ弱しか残っていないもよう。(解釈の間違いがあったらご指摘を・・)


ナントのファンにはほんとに心配なニュースなのだろうが、それだけでなくその他のフランスリーグファンにもかなり気になるところだと思われる。なぜかといえば、、、昨季L2昇格を決めたにもかかわらず消滅してしまったヴァランスのような例までは行かないとしても、数年前のASモナコのように(最終的にモナコは難を逃れたが・・・)、経営状態が悪すぎるクラブはLFPから3部や4部へ強制的に降格させられてしまう場合も考えられる。万一そうなった場合は、今季に限り昇格/降格のシステムが複雑になるかもしれず、L1の降格争いやL2の昇格争いをしているクラブにも影響が出てくるかもしれない。


確かにここ数年のFCナントは主力選手の放出やリーグ戦でも苦戦を強いられていたのが気になっていたが、こういう事実が裏に隠れていたということで、あらためてなるほどとうなづいているところでもある。
フランス代表第3GKの座も追われそうなキャプテン・ランドローにぜひここで奮起してもらいたい。


<Jazz_Funk>


タグ:ナント
posted by Jazz_Funk at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Ligue1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11300709
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。