2007年04月16日

かっこよすぎなエルマンデル:L1第32節


32節はやたら引分が多い上に、ゴール数がたったの8。緊迫した試合が多かったと思いたいところ。。。

ナントもなかなかいい試合をしてたと思いますが、ランス守備陣の集中力がすごかった。逆にそのランスの攻撃はフィニッシュが悪く、結局0対0の引分に終わってしまいました。ナント・サポーターにとってはもどかしいところでしょうが、この日のような試合を続けていれば、、、それでもちょっと難しいかな?

ノーゴールの引分が多かった中で、攻めまくってにもかかわらず勝てなかったのがロリアン。詰めが甘かったのか、それともモナコ相手にいい試合をしたのか、、何とも判断の難しい試合ぶりでした。

そんな中、完璧な勝利を収めたのが、2位にあがったトゥールーズでしょう。オセール相手に横綱相撲。オセールがなんとかシュートに持っていっても、GKドゥーシェがファインセーブ連発。そして今節のベストプレーと言っても過言ではないエルマンデルのディフェンダー5人抜き。オセール・ディフェンダーを子供扱いにしてました。



最後にゴールをマンサレにかっさらわれましたが、勝手にこの試合のMVPにさせていただきます。エルマンデルはFKに合わせた完璧なゴールをオフサイドと判定されたりして、試合を通して思い切り目立ってました。


<Jazz_Funk>
posted by Jazz_Funk at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Ligue1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。