2008年04月28日

残留争いの中で(リーグ1:第35節)

 
 Lille 3-2 Toulouse

  ディウズ (トゥールーズ;25分)
  ミララス (リール;30分)
  バストス (リール;40分、PK)
  ミララス (リール;42分)
  マンサレ (トゥールーズ;61分)



リールのベルギー人、20歳のミララスは前節のOM戦でも2得点で、リーグ終盤にきて覚醒と言った感じ。彼のスーパーゴールの他にもリールGKシルバの恥ずかしいミスとかもありなかなか面白い試合になりましたが、試合終了時にちょっとしたもめ事が・・・
 
 
 




試合が終了して選手や審判が引き上げる中で、トゥールーズのディウズが審判団に詰め寄ります。(動画の4分20秒あたりから)

マンサレに制止されながらも審判に抗議をを続けて、これはイエローが出されるかも・・・なんて思っていましたが、なんとか押さえて抗議をやめました。
そのあとCANAL+のマイクがディウズに向けられて、何を抗議してたのかを聞くことができましたが、それは試合終了のタイミングに関するもので、1点を追うトゥールーズがコーナーキックを得たところで終了の笛を吹いたことに関するものだったようです。で、、そのあともマイクに向かって、、、

「PSGを残留させたいのはわかるけどね。そうすりゃみんなが喜ぶでしょ」


おそらく他の国でもそうだとは思いますが、フランスでもビッグクラブ贔屓の笛があるんじゃないかとか、マスコミはいつもビッグクラブの肩を持つとか、そんな疑惑がたまに議論されたりします。今季はいつになく人気のクラブが残留争いをしているので、こういった議論がこれから激しくなっていくかもしれません。


<Jazz_Funk>

 
posted by Jazz_Funk at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Ligue1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。